シアリスよりレビトラ派!

シアリスよりレビトラ派! サイトイメージ

シアリスよりレビトラが良いと思う理由とは?

Contents

上手に付き合う

レビトラと上手に付き合う方法!レビトラを飲む前に確認を!

勃起不全の優れた治療薬として、世界中に愛用者がいるのがレビトラです。レビトラは、水に溶けやすい性質があり、最高血中濃度に達する時間が早いことで知られています。

レビトラと上手に付き合う方法のひとつが、用法と用量を守って焦らずに利用することです。

勃起不全の治療薬なので、早く治したい人の中には用量を守らない人もいるのですが、医師に指示された用量と用法を守らないと、健康に害が及ぶ可能性もあるので注意が必要です。

詳しくはこちら

レビトラの通販はこちら

致死量は存在する?

レビトラに致死量は存在するか?

レビトラは安全安心なED治療薬です。普通に飲んでいる限り、致死量に達する事はまずありません。

しかし、致命的なリスクに繋がる摂取量というものはあり、それを致死量と呼ぶのであれば、レビトラにも危険は存在します。

レビトラに一晩に3粒、4粒飲みますと、心臓に負担が掛かり、普通の男子でも危険な副作用に苦しむ恐れがあります。

しかし、これはED治療薬全般、いいえ全ての医薬品に該当する問題です。

メーカーが規定した量を超えて、素人がその2倍以上を勝手に一夜に飲みますと、致死量に達する恐れがあり、絶対に推奨量は守らなければいけません。

詳しくはこちら

製造されたきっかけ

レビトラが製造されるようになったきっかけ

レビトラは、バイアグラに次いで第2のED治療薬として登場した医薬品で有効成分にはバルデナフィルを含有しています。

バイアグラの有効成分は飲食をすることで薬の効果に影響を受けやすいことがきっかけとなり、食事との相性が比較的よいバルデナフィルが開発されてレビトラが製造されたという経緯があります。

またレビトラという薬の名前は、フランス語とラテン語で男性の命の炎という意味を持ち服用するとすぐに灯がつくという即効性をイメージしたネーミングです。服用のタイミングがプレッシャーになるという男性の悩みが開発・製造のきっかけとなっています。

詳しくはこちら

pagetop