シアリスよりレビトラ派!

シアリスよりレビトラ派! サイトイメージ

どうしてレビトラは作られたの?レビトラ製造のきっかけとは

レビトラ製造のきっかけ

レビトラが製造されるようになったきっかけレビトラ、化学名バルデナフィルですが、これが製造されるようになったきっかけというのは、どうしてももう一つのED治療薬であるバイアグラ、化学名シルデナフィルの話を避けては通れません。ED治療薬として革命的とも言える形で世に登場したのがこのシルデナフィルです。

これが製造されるようになったきっかけというのはそれこそ一冊の小説でも書けるくらいのエピソードに満ち溢れていて非常に面白いのですが、ここはあくまでレビトラ、バルデナフィルの話をするところですからそちらの詳細は割愛します。

とにかく、センセーショナルな形でシルデナフィルが登場しました。薬というのは特許権があり、その特許期間中は他のメーカーが勝手に作ることはできません。

しかし、これだけ注目されるような薬をただ見ているだけでは、それこそ売り上げや利益の面でシルデナフィルを開発した会社に大きく遅れを取ってしまいます。

こういう場合に医薬品メーカーが考えることは、シルデナフィルの特許を侵害しないような成分で、同じようにEDに効き目を持つ医薬品を作れないのかということです。幸い、ヒントはあります。シルデナフィルの化学構造は公開されています。

どういう作用機序で効き目を現わすかということも公開されています。全く同じ化学構造のものを作っては特許侵害になってしまいますが、少しでも化学構造が異なっているとそれは特許侵害にはなりません。

化学的には、どんなものでも良いのであれば、わずかに化学構造を変えたものを作るくらいのことはお手の物というか、大して難しいことではありません。しかし、さすがにどんなものでも良いわけではありません。

新しく薬を作って市場に参入しようとする以上、先発のシルデナフィルがシェアを独占してしまっています。後からそれを切り崩すには、シルデナフィルに勝る部分が何かない限り難しいことは分かるでしょう。これは薬の世界に限らずどんな業界でも同じです。

そこでレビトラ、バルデナフィルの研究者は、シルデナフィルの弱点はどこかと考え、それを改良できないかと考えたのです。そしてシルデナフィルよりも改良されたED治療薬としてバルデナフィルが登場することになったのです。

どこが改良されているかというと、一つには効き目が出るまでの時間でしょう。バルデナフィルのほうが早く効きます。また、どちらの薬もPDE5という酵素を阻害するのですが、レビトラのほうがその効果も強くなっています。

pagetop